借りやすいカードローンでお金を借りる!

限度額内であればカードを利用して何度でも借入をすることができるカードローン。カードローンはとても便利なサービスですが、借入をするためには審査に通らなければなりません。

 

それぞれのカードローン会社で審査を行いますが、借りやすいカードローンと借りにくいカードローンというのがあります。では、カードローンの審査では、どういったことが審査されるのでしょうか。

 

カードローンで審査される3つのポイント

年収

 

カードローンの審査においてはまず、収入面が審査されます。
銀行が顧客に対して貸付けをする際、最も気にするのは「この人にお金を貸したとして、きちんと返してもらうことができるのだろうか」という点です。

 

そしてこの返済能力の有無を判断するにあたって最も参考になるのが、その人の収入なのです。

 

収入が多いということはそれだけ返済能力が高い傾向にあるということですので、当然と言えば当然ですね。ちなみにこの年収ですが、多ければいいというものではありません。

 

大切なのは、「安定した収入があるかどうか」ということです。

 

例えば同じ年収が300万円の方でも、毎月25万円の収入がある人と、1月に200万円入ってきて、それ以外の月は9万円程度の収入しかない人とでは、毎月25万円の収入がある人の方が審査には通りやすくなるのです。

 

他社での借入状況

 

カードローンの審査においては、他社での借入状況についてもチェックされます。
上でも書きましたが、カードローンの審査において判断されるのは、その人の返済能力です。

 

同じ年収の方でも、他社で借入をしている方と他社で借入をしていない方とでは、返済能力も変わってきます。他社でも借入をしているということは毎月返済しなければならないものも多いということですので、返済能力が低いと判断されてしまうことがあるのです。

 

過去の事故歴

 

カードローンの審査においては、過去の事故歴についても調査されます。
過去に支払いを焦げ付かせたことがあったり、任意整理や自己破産をしたことがあったりする場合、その情報はすべて、信用情報機関に登録されています。

 

銀行等がカードローンの申し込みを受けた場合、必ず信用情報機関に対してその申込者の信用情報を照会します。そして情報を照会した結果、申込者が過去に支払いを焦げ付かせた事や債務整理をしていたりすると、ほぼ100パーセントの確率で、借入をすることはできません。

 

またこの他にもカードローンの審査においては上記の他にも、申込者の雇用形態や勤務先、持ち家の有無、家族構成など、様々な要素が考慮されます。

 

借りやすいカードローンは結局どこ?

 

各カードローンや消費者金融の中で、大手消費者金融に限っての事ですが、実は審査通過率というのを公式のデータから見る事ができます。審査通過率というのは、その名の通り審査に通る確率ですから、これが高い会社が最も借りやすいカードローンというわけです。

 

アコム

アイフル

 

こんな感じで見る事ができます。以下が一覧表です。

 

会社名 集計月 申込数 審査通過率
アコム 2014年9月 40,188人 49.1%
アイフル 2014年9月 30,391人 44.4%
レイク 2013年7-9月 不明 38.2%
ノーローン 2013年7-9月 不明 25.7%

 

このデータから見ると最も借りやすいのはアコム系列という事になります。アコムの場合は平均して審査通過率50%近くを維持しているので、かなり良心的なカードローンと言えます。

 

アイフルは上記では44.4%と悪くないですが、現状で過払いの訴訟で財政面でかなり苦しんでいるので除外します。代わりに新生銀行が運営する事になったレイクが最近では良いですね。ノーローンは避けた方が良いかなといった感じですね。

 

↓借りやすいカードローン3社はココ

 

※スマホやPCから申し込みができます

 

 

借りやすいカードローンなら三菱東京UFJ銀行カードローン

即日OK!100万円以下なら収入証明不要!

限度額:10万円〜500万円

実質年率:4.6%〜14.6%

専業主婦の方も申し込み可能

 

 

借りやすいカードローンならアコム

最短30分!最も借りやすい消費者金融!

限度額:1万円〜500万円

実質年率:4.7%〜18.0%

はじめての方なら最大30日間金利0円

 

 

借りやすいカードローンならレイク

銀行カードローンだから100万円以下で収入証明不要!

限度額:1万円〜500万円

実質年率:4.5%〜18.0%

30日or180日間無利息キャンペーン中

 

 

 

消費者金融から借りやすい所を選ぶなら上記の3社。特にアコムを選んでおけば間違いないです。アルバイトやパートでも良いので定期的な収入がある方であれば、問題ないはずです。

 

でも消費者金融は総量規制という年収の3分の1までしか借りれないという法律があります。また、51万円以上の借り入れになると収入証明書の提出も必要になってきます。

 

そこでオススメなのが三菱東京UFJ銀行カードローンです。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行カードローンなので消費者金融よりも低金利で借りる事ができて、収入証明書も100万円以下まで不要。さらに年収による制限もありません。

 

しかもこの会社は審査をアコムに丸投げしているという現状があります。つまりアコムと同じ審査通過率でより良い条件で借りる事ができるというわけです。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンのメリット

最短30分で即日融資に対応している

審査はアコムがやるので審査通過率は高い

総量規制の対象外で年収による制限がない

100万円以下なら収入証明書の提出が不要

何しろ消費者金融より低金利で借りれる

 

↓三菱東京UFJ銀行カードローン

 

※スマホやPCから申し込みができます

 

 

借りやすいカードローンなら三菱東京UFJ銀行カードローン

100万円以下なら収入証明不要!

限度額:10万円〜500万円

実質年率:4.6%〜14.6%

専業主婦の方も申し込み可能

 

 

他社借入があるけど審査落ちしたくない

カードローンの申し込みをする際は、他社借入の有無についても必ず申告しなければなりません。

 

そして他社借入がある場合、いくらの借入があって毎月の返済額はいくらなのかということについても申告する必要があります。他社から既に借入をしているという場合、カードローンの申し込みをしても審査に落ちてしまうのではないかと不安になってしまいますよね。

 

では、実際のところはどうなのでしょうか。
他社借入がある場合、新たな借り入れをすることは難しいのでしょうか。

 

答えは、YESでもありNOでもあります。

 

というのも、確かに既に他社からの借入があるという場合、それがない方と比べると審査に通りにくい傾向にあります。しかし、他社からの借入があるからといって必ず審査に通ることができないのかというと、そんなことはありません。

 

そもそもカードローンの審査において判断されるのは、申込者にお金を貸した場合に、きちんと返してもらうことができるかどうかという点です。

 

そのため例え他社からの借入があったとしても、その借入分の返済をしてもなお新たに借り入れをした分の返済をしていくことができると判断されれば、審査に通ることは十分に可能です。

 

きちんと支払いしてないと審査落ちに

 

上で他社からの借入があっても返済能力があれば審査に通ることができる、と書きましたが、中には例え返済能力があったとしても、審査に落ちてしまうことがあります。

 

それは、他社からの借入金をきちんと返済していない場合です。

 

カードローンの返済を焦げ付かせてしまった場合、その情報は信用情報機関に登録されます。カードローンの審査では業者が申込者の信用情報を信用情報機関に照会しますので、他社で借入をしていてその返済を焦げ付かせてしまっている場合には、審査に落ちてしまうのです。

 

既に他社から借入をしている方で新たにカードローンの申し込みをしたいという方は、現在の借入金の返済が期日通りにできているか、今一度確認してみてください。

 

借り換えも視野に入れてみては!?

 

銀行のカードローンは総量規制の対象外となっているため、ある程度まとまった額の借入をすることが可能です。そこで現在複数社からの借入をしているという方は、銀行カードローンを利用して借り換えをすることを検討してみるのもいいと思います。

 

借り換えをすると毎月の返済額を減らすことができるというのはもちろん利息も安く抑えることができるため、結果的に返済総額を少なくすることができます。

 

>>借りやすいカードローン一覧はココ

過去に自己破産した場合は借りれる?

カードローンの申し込みをすると、業者側による審査が行われます。

 

そして、その審査において必ずチェックされるものに、申し込みをした個人の信用情報があります。支払いを焦げ付かせたり任意整理をしたり、自己破産をしたりすると、ブラックリストに載ってしまう、などとよく言われますよね。

 

実は日本には個人の信用情報を一括して管理している機関があり、上記のような、いわゆる支払事故を起こしてしまった場合、信用情報機関にその情報が記録されます。

 

カードローンの申し込みを受けた金融機関や貸金業者は必ずその申込者の情報を信用情報機関に照会するのですが、その結果、その申込者が過去に自己破産をしたことが記録されていた場合、カードローンの審査に通ることはまず不可能です。

 

そもそも審査というのはその人にお金を貸した場合にきちんと返してもらうことができるかどうかということを判断するためのものです。そうすると業者側としても、過去に借りたお金を返すことなく自己破産した人に対して貸付けをすることはできなくなってしまうのです。

 

過去に自己破産した場合、借入をすることはできるのか

 

では、一度自己破産をした場合、永遠にカードローンを利用することはできないのでしょうか。

 

上で自己破産をするとその情報が信用情報機関に記録されると言いましたが、実は自己破産をはじめとする"事故歴"は、一度記録されたとしても一定期間が経過すれば、消えてしまいます。

 

そのため自己破産をしてからある程度の期間が経過すれば、またカードローンの審査に通る事もできるし、借入をすることができる可能性はあります。

 

その期間がどのくらいなのかということについては諸説ありますが、一般に、自己破産をしてから5年から8年も経過すれば、その情報は消去されると言われています。

 

ちなみに自分の事故歴が信用情報機関に登録されているかどうかということについては、CICに対して情報開示請求をすることによって確認することができます。

 

最近はネット上で情報開示を求めることができますので、2日もあれば自分の事故歴が記録されているかどうかを知ることができるでしょう。

 

過去に自己破産や任意整理をしているという方でカードローンの審査に通るか不安であるという方は、申し込みをする前に、CICに対して情報開示請求をしてみることをおすすめします。

 

>>借りやすいカードローン一覧はココ