アルバイト・フリーターでもお金を借りれる?

アルバイト・フリーターでもお金を借りることができるのか?

 

アルバイトやフリーターをしている方がカードローンの申し込みをするという場合、やはり正社員でないということで審査に通らないのではないかと不安に思われることと思います。

 

では、実際のところはどうなのでしょうか。
アルバイトやフリーターであっても、お金を借りることはできるのでしょうか。

 

アルバイトやフリーターをしている方は、公務員や正社員として雇用されている会社員と比べて、カードローンの審査に通りにくい傾向にあります。

 

その理由としてはまず、アルバイトやフリーターの方は、公務員や正社員の方と比べて収入が少ない、という点が挙げられます。アルバイトやパートの方の収入は、正社員として働いている方と比べるとどうしても少なくなってしまいます。

 

カードローンの審査ではその人の返済能力が判断されますので、収入が少ないということはそれだけ返済能力が低いと判断され、審査に落ちてしまうことがあるというわけです。

 

アルバイトやパートの方が正社員の方と比べて審査に落ちやすい傾向にある理由としてはまた、非正規雇用の方は収入が安定していない、という点が挙げられます。

 

カードローンを利用して借入れたお金は、毎月一定額ずつ返済していかなければなりません。
そしてそのためには、毎月安定した収入が入ってきている必要があります。

 

ところがパートやアルバイトの方は、シフトの都合や体調、天候など様々な要因によって毎月の収入が変動しやすくなっています。そのためカードローンの審査においては、パートやアルバイトをしている方は安定した収入がないと判断され、審査に落ちてしまうことがあるのです。

 

勤務期間は長い方が有利!!

 

ここまでアルバイトやパートの方がカードローンの審査に落ちる理由について書いてきましたが、アルバイト等だからといってお金を借りることができないのかというと、そういうわけではありません。アルバイト・パートの方であっても、毎月安定した収入さえ入ってきていれば、借入をすることは十分に可能なのです。

 

そして安定した収入があると判断してもらうためには、一つの職場にできるだけ長く勤務されることをおすすめします。同じ職場に長い間勤めているということはそれだけ収入が安定しているということにもなりますので、カードローンの審査に通りやすくなるのです。