自営業(個人事業主)でもお金を借りれる?

自営業(個人事業主)だと借入は難しい!?

 

皆様は、「自営業者(個人事業主)は借入をすることが難しい」という話を聞いたことがありませんか?実はカードローンの審査においては、公務員や正社員として雇用されている会社員の方と比べて、自営業(個人事業主)をしている方は審査に通りにくい傾向にあります。

 

例えば同じ年収400万円の方の場合、自営業者と会社員とでは、会社員の方が審査に通りやすくなっているのです。これは何も、銀行や貸金業者が自営業者を目の敵にしているから、というわけではありません。

 

法人化して「給与」として毎月一定の収入が入ってきている方であればともかく、個人事業主として事業をしている方は、その月の売上によって収入が大きく変わってきます。

 

そのため個人事業主をしている方は、一般定期に収入が安定していないと判断され、カードローンの審査に通りにくくなってしまうというわけです。

 

収入の安定性が認められると借入は可能

 

個人事業主をしている方がカードローンの審査に通りにくいというのは事実ですが、個人事業主だから必ずカードローンの審査に落ちてしまうのかというと、そういうわけではありません。

 

個人事業主(自営業者)であっても、安定した収入があると認められれば、カードローンを利用することができるのです。最近は総量規制ができたこともあって、借入をすることができる方が少なくなってきています。そのため業者としても、自営業者であっても収入が安定していると判断すれば、貸付を行っているようです。

 

つまり自営業(個人事業主)だからといってカードローンの利用を諦める必要はなく、経営が安定していて一定の収入が毎月入ってきているという方であれば、問題なく審査に通るということなのです。

 

事業者向けカードローン

 

カードローンの中には、個人事業主向けのものも存在します。

 

個人向けのカードローンでは事業用資金の借入をすることができないのですが、事業者向けのカードローンであれば、事業用資金の借入をすることができます。

 

また事業者向けカードローンで貸付けをするのは事業用資金ですので、総量規制の対象外となります。そこで個人事業主(自営業者)の方である程度まとまった金額の運転資金を調達したいという方は、個人向けのカードローンではなく、事業者向けのカードローンを利用されるというのもおすすめです。