主婦や専業主婦でもお金を借りる事はできるの?

主婦や専業主婦の方であっても、友人とのお付き合いやご実家の事情など、様々な理由でお金が必要になることがあります。そういった時にカードローンを利用することができると大変便利なのですが、ここで一つ、不安なことがありますよね。

 

そう、主婦や専業主婦でもお金を借りることができるのか、ということです。

 

主婦(パートをしている)がお金を借りることはできるのか?

 

まずは、同じ主婦でもパートなどをしていて収入があるという方の場合、主婦であるからといってカードローンの審査に落ちてしまうということはありません。主婦本人に安定した収入さえあれば、問題なくカードローンの審査に通り、借入をすることができるのです。

 

ただし、例えパートをしていたとしても月に2、3万円程度の収入しかないという方の場合、本人の返済能力を持って審査に通ることは難しくなってきますので、そういった方に関しては、専業主婦がお金を借りる場合のことをご参照ください。

 

専業主婦でもお金を借りることはできるのか?

 

では、本人に収入がない、つまり専業主婦をしているという方がお金を借りることは可能なのでしょうか。専業主婦がお金を借りるには、2つの方法があります。

 

まず一つ目は、ご主人の収入証明と、借入をすることに関するご主人の同意書を提出してお金を借りるという方法です。これは配偶者貸付と呼ばれる融資方法で、主に消費者金融業者において扱われています。配偶者貸付を利用する場合、ご主人の借入額と合わせて年収の3分の1までの額を借りることができます。

 

専業主婦がお金を借りる方法にはもう一つ、専業主婦でも融資可能なカードローンを利用する、というものがあります。三菱UFJ銀行のカードローンやみずほ銀行のカードローンは、専業主婦の方でも利用することができます。

 

配偶者貸付の場合は申込時にご主人の収入を証明する書類や借り入れに関する同意書を提出しなければなりませんでしたが、これらの銀行のカードローンに関しては、そういった書類を提出する必要がなく、申込者の本人確認書類のみの提出でかまいません。

 

そのため上記のカードローンであれば、ご主人はもちろんのこと、家族の誰にも知られることなくカードローンを利用して借入をすることができるのです。

 

大手銀行のカードローンというと何となく審査が厳しいというイメージがありますが、実は大手銀行の方が色々と融通が利くのですね。