転職したばっかりだけど審査はどうなる?

転職したばかりの人が審査で不利になる理由

 

カードローンに申し込むと、直ちに審査が開始されます。

 

この審査でどういったことが重視されるのか、あるいはどういったことがあると審査に通りにくくなるのかといったことは、銀行や貸金業者の側からは一切公開されていません。

 

しかし一般に、転職したばかりの方や入社したばかりの方は、カードローンの審査において不利になる傾向にあると言われています。では、転職したばかりの方がカードローンの審査で不利になってしまうのは、どうしてなのでしょうか。

 

カードローンの審査において最も重視されるのは、申込者の収入がいかに安定しているかという点です。今の時代、転職自体はさほど珍しいことではありませんが、転職をしたということは何らかの事情によって再び転職する可能性もゼロではありません。

 

またカードローンの申し込みにおいて、転職の回数までは申告をしません。

 

そうすると業者側としては、「この人はコロコロと仕事を変える人なのかもしれない」という疑いを持ってしまいます。そのため転職して間もない頃は、たとえ収入があったとしてもそれが安定していないという理由で、カードローンの審査に通りにくくなってしまうのです。

 

転職が決まっている場合は、退社前にカードローンを使えるようにしておこう!!

 

転職して間もない頃はカードローンの審査に通りにくいというのであれば、一体どうすればいいのでしょうか。転職が決まっている方には、現在お勤めしている会社を退職する前に、カードローンに申し込んでおくことをおすすめします。

 

計画的な転職をするという場合やヘッドハンティングをされた場合であれば転職をしたばかりの頃でも十分な収入があるかと思いますが、そうではない場合、転職したばかりの頃は収入が安定せず借入をして急場をしのぐ必要が出ることがあります。

 

こういった時のために、退職する前にカードローンに申し込みをしていつでも借入をすることができる状態にしておくと、万が一経済的にピンチになった場合でもカードローンで借入をして、やり過ごすことができるというわけです。

 

カードローンの審査では必ず在籍確認が行われますので、現在の職場を辞めてしまってからは、審査に通ることができなくなってしまいます。

 

そこで転職をするつもりがあるという方は、現在の職場を辞める前にカードローンに申し込みをし、いつでも借入をすることができるようにしておくことをおすすめします。