カードローン会社選びでの失敗例

カードローンを利用して借入をした方の中には、カードローン会社選びに失敗したことで大変な思いをしてしまった方もいらっしゃいます。

 

ここでは、カードローン会社選びでよくある失敗例についてご紹介させていただきたいと思います。同じ轍を踏まないよう、カードローン会社選びは慎重に行いましょう。

 

金利が高すぎる

 

カードローン会社選びの失敗例としては、その会社で設定されている金利が高すぎて、返済に苦労した、ということが挙げられます。

 

通常、カードローン会社を選ぶ際は金利についてもチェックすることと思います。

 

しかし急にお金が必要になって切羽詰っていると、「即日融資」という言葉や借入限度額が大きいことばかりに目が行ってしまい、安易に申し込みをして借入をしてしまうことがあるのです。

 

金利は1パーセント変わるだけでも返済総額に大きな違いが出てきますので、カードローン会社を選ぶ際には甘い言葉に惑わされず、金利についてもきちんと確認することが大切です。

 

なかなか借りられない

 

カードローン会社選びの失敗例としては、審査に時間がかかりすぎてなかなかお金を借りることができない、ということも挙げられます。

 

カードローンに申し込もうとしている方の大半は、急に現金が必要になった方です。
そういった場合、少しでも早く審査をして、早急に融資をしてもらいたいところですよね。

 

しかしそういった時に審査が遅いカードローン会社を選んでしまうと、審査結果がなかなか出ず、お金が必要な時までにお金を用意することができない、といった事態に陥ってしまうことがあるのです。

 

最近は30分程度で審査を完了するスピード審査を売りにしているところも数多くありますので、カードローン会社を選ぶ際には、審査にどのくらいの時間がかかるのかということについても確認しておくようにしましょう。

 

審査に落ちてしまった

 

カードローン会社選びの失敗例としては、有名どころの会社に申し込み、審査に落ちてしまった、ということも挙げられます。

 

これは専業主婦の方によくある失敗例なのですが、専業主婦に対して融資をしているカードローン会社というのは、かなり限られてきます。

 

それにもかかわらず専業主婦に対して貸付けをしていない会社にカードローンの申し込みをすると、当然ながら審査の段階ではねられてしまいます。

 

三菱UFJ銀行のカードローンやみずほ銀行のカードローンなど、専業主婦でも利用できるカードローンもありますので、専業主婦の方がカードローンの申し込みをする際は、専業主婦でも申し込みができるかどうかということについて、事前に確認しておくようにしましょう。

他の記事もチェックする

カードローン会社を選ぶ3つのポイント