収入証明書が必要な場合と不要な場合の違い

貸金業法が改正され総量規制ができてからというもの、カードローンの申し込みをするにあたっては収入証明書を提出しなければならなくなりました。

 

しかし同じカードローンでも、業者や借入限度額等によっては収入証明書が必要ない場合もあります。では、どういった場合に収入証明書が必要になり、どういった場合に収入証明書が不要になるのでしょうか。ここでは、カードローンの申し込みにおいて収入証明書が必要な場合と不要な場合とについて、ご紹介させていただきます。

 

収入証明書が必要な場合

 

消費者金融業者をはじめとする貸金業者からお金を借りる場合、収入証明書を提出しなければなりません。というのも貸金業法改正によって総量規制ができたことで、貸金業者は顧客に対して、年収の3分の1を超える額の貸し付けを行うことができなくなりました。

 

この規制に反して貸付けをした場合、貸金業者には行政処分が科されます。

 

そのため貸金業者としては、貸付を行う前に申込者の収入を証明する書類の提出を要求し、その人の収入がいくらなのかということを確認しなければならなくなったのです。

 

貸金業者に借入の申し込みをする際は、予め収入を証明する書類を用意しておきましょう。そうすることによって、申し込みから融資までをスムーズかつスピーディーに行うことができます。

 

収入証明書が不要な場合

 

では、収入証明書が不要なのは、どういった場合なのでしょうか。

 

収入証明書が不要な場合としてはまず、借入れ限度額が少ない場合が挙げられます。
上で貸金業者からお金を借りる場合には原則として収入証明書を提出しなければならないと書きましたが、実はこれには例外があります。

 

借入限度額が50万円未満かつ他社との借入合計が100万円未満であるという場合には、収入を証明する書類を提出しなくてもかまわないのです。

 

収入証明書の提出が不要な場合としてはまた、銀行カードローンを利用する場合が挙げられます。そもそも総量規制というのは、貸金業法による規制を受ける業者を対象としたものです。そのため貸金業法の適用を受けない銀行から借入をするという場合には、収入を証明する書類を提出する必要がないのです。

 

源泉徴収票や所得証明書を用意するのには手間と時間がかかりますので、収入証明書を用意せず本人確認書類のみで借入をしたいという方には、銀行カードローンのご利用をおすすめします。