総量規制で年収1/3以上は借りれない?

総量規制ができた背景

 

平成21年までは、仮に無収入であったとしても、審査に通りさえすれば消費者金融業者から借入をすることができていました。

 

また複数社から借入をすることによって、年収300万円の方が総額200万円の借入をするということも、各貸金業者の審査に通ることができれば、やはり可能でした。

 

当然のことながら借りたお金は返さなければなりませんが、収入からしても無理がある借入ばかりを繰り返していると、返済などできるわけもありません。

 

そして任意整理や自己破産をする方々が急増し、そのことが社会問題となりました。
こうした社会的な背景を受けて貸金業法が改正され、総量規制という制度が誕生したのです。

 

総量規制による影響

 

平成22年に施行された貸金業法では、新たに総量規制という制度が誕生しました。

 

この総量規制が創設されたことによって、貸金業者は年収の3分の1を超える貸し付けをすることができなくなってしまったのです。

 

ちなみに貸金業法に反して貸付けを行った場合、貸金業者には厳しい行政処分が科せられます。

 

すると、貸金業者としてもこれまでのように顧客に対して貸付けをすることができなくなってしまいました。その人の年収の3分の1を超える額を貸し付けると、貸金業者としての営業をすることができなくなってしまうからです。

 

そうすると貸金業者は、借入の申し込みを受ける際に申込者の年収がどのくらいなのかということを確認しなければならなくなりました。

 

消費者金融業者のキャッシングに申し込みをする際に収入を証明する書類を提出しなければならなくなったのは、こういった理由からだったのです。

銀行カードローンは総量規制の対象外

 

いくらキャッシングを利用するためとはいえ、収入を証明する書類を提出しなければならないというのは、少々面倒ですよね。

 

またある程度まとまった金額の借入をしたい場合や既に他社からの借入があるという方の場合、総量規制下では消費者金融業者から借入をすることができないこともあります。

 

そういった方々におすすめしたいのが、銀行のカードローンです。

 

そもそも総量規制というのは貸金業法によって規定されている制度であり、この制度によって規制されるのは、あくまでも貸金業法の適用を受ける業者のみです。

 

この点、銀行は貸金業法の適用を受けませんので総量規制の対象外となり、年収の3分の1を超える貸し付けをすることもできますし、借入の申し込みを受けるにあたって腫乳の照明の提出を求める必要もないのです。