銀行カードローンと消費者金融の審査基準の違い

借入をする方法としてまず思いつくのが、銀行のカードローンを利用する方法と、消費者金融業者のキャッシングサービスを利用する方法です。

 

では、銀行カードローンと消費者金融は、どのようになっているのでしょうか。
ここでは、それぞれの審査基準についてご紹介させていただきます。

 

消費者金融業者の審査基準

 

消費者金融業者の審査基準は、銀行カードローンの審査基準よりも厳しくない傾向にあります。
そのため収入面に自信がないという場合には、消費者金融業者のキャッシングを利用されることをおすすめします。

 

ただし消費者金融業者のキャッシングを利用する場合は、一つだけ注意すべき点があります。
というのも消費者金融業者は貸金業法の適用を受けるため、総量規制の対象となります。

 

そして総量規制下では他社との借入合計を合わせて年収の3分の1までしか貸付をすることができません。そのため既に他社から借入をしている方に関しては、消費者金融業者からは借入をすることができない場合があります。またある程度まとまった金額の借入をしたいという方にも、やはり消費者金融業者からの借入はあまりおすすめできません。

 

さらに総量規制ができてからというもの、消費者金融業者に借入の申し込みをする際は収入を証明する書類を提出しなければならなくなりました。そこで消費者金融業者のキャッシングに申し込みをする場合には、収入を証明する書類を予め用意しておきましょう。

 

そうすることによって、スムーズに手続きを進めることができます。

 

銀行カードローンの審査基準

 

次に、銀行カードローンの審査基準についてです。銀行カードローンの審査は、消費者金融業者のカードローンと比べるとやや厳しい傾向にあります。

 

そのため収入が少ない方や毎月の収入が安定していない方、就職・転職して間もない方に関しては、審査に通りにくい傾向があります。

 

こうして見てみると銀行カードローンはかなり不便なようにも思えますが、そんなことはありません。というのも銀行カードローンは総量規制の対象外になっているため、年収の3分の1を超える金額の借入をすることができるのです。

 

また借入をするにあたって、収入を証明する書類を提出する必要もありません。

 

そのため既に他社からの借入がある方やある程度まとまった金額の借入をしたいという方、そして、借り換えをしたいという方には、銀行カードローンのご利用をおすすめします。