審査に年収の多さは関係ある?

審査で年収が重視される理由

 

カードローンの審査においてチェックされるポイントの一つに、「年収」という項目があります。では、そもそもどうしてカードローンの審査において年収が重視されるのでしょうか。

 

カードローンの審査において判断されるのは、その人の返済能力についてです。

 

そもそも審査というのは貸付の可否を判断するために行われるものですので、その審査において年収が判断されるというのは、当然と言えば当然ですよね。

 

ちなみにこの年収ですが、消費者金融業者をはじめとする貸金業者に借入の申し込みをするという場合、収入を証明する書類を提出しなければならない場合があります。

 

これに対して銀行のカードローンに申し込みをする場合、銀行は貸金業法の適用を受けませんので、収入を証明する書類を提出する必要はありません。そのため収入を証明する書類を用意するのが面倒だという方は、銀行カードローンへの申し込みをおすすめします。

 

審査に年収の多さは関係ある?

 

では、カードローンの審査において年収の多さというのは関係あるのでしょうか。
上でも書きましたが、カードローンの審査では、その人の返済能力の有無が判断されます。

 

そのため当然、年収が多ければ多いほど、審査には通りやすくなります。

 

ただし年収が多ければ必ず審査に通るのかというと、そういうわけではありません。
例えば月収50万円の方がいたとしましょう。

 

しかしその方が既に複数社からの借入があり、毎月合計40万円の返済をしなければならないという場合、その方の収入は実質月10万円ということになります。そしてこの10万円からは生活費等が支出されますので、この人には新たな借入金を返済していく能力はないと判断されます。

 

つまりカードローンの審査に際して年収の多さというのは確かに関係がありますが、最も重要なのは返済能力がどのくらいあるのか、もっと言えば、その収入のうちどのくらいのお金を返済に充てることができるのか、ということなのです。

 

 

またカードローンの審査においては、単純に年収がいくらなのかということだけではなく、毎月安定した収入が入ってきているのかどうか、という点についても重視されます。

 

カードローンを利用して借入れたお金は毎月一定額ずつ返済していかなければなりませんので、そのためには単に年収が多いということではなく、"毎月安定した収入がある"ということが重要になってくるのです。