カードローンの審査に落ちてしまった時はどうする?

カードローンに申し込みをすると、直ちに審査が開始されます。

 

ただし残念ながら、中には審査に落ちてしまうということもあります。では、カードローンの審査に落ちてしまった場合、どのように対処をすればいいのでしょうか。ここでは、カードローンの審査に落ちてしまった時の対処法についてご紹介させていただきます。

 

支払いが遅れているものがあれば、すぐに払う

 

カードローンの申し込みがなされると業者は信用情報機関に対して申込み者の情報を照会し、過去に事故歴がないか、支払いを焦げ付かせた経歴がないかといったことを調査します。

 

そして調査の結果、過去に何らかの事故を起こしている場合、審査に落ちてしまうのです。

 

そこでカードローンの審査に落ちてしまった方で現在支払いを遅らせてしまっているものがあるという場合、まずはその支払いを済ませてしまいましょう。過去に任意整理や自己破産をしていない方の場合、きちんと支払いをしてから借入の申し込みをすることによって、審査に通ることができることがあるのです。

 

ちなみにここにいう「支払」にはカードの利用代金や借入金の返済だけではなく公共料金や携帯電話の利用代金、通信販売の購入代金等も含まれます。

 

銀行のカードローンに申し込みをする

 

消費者金融業者をはじめとする貸金業者は、総量規制の関係で、申込者の年収の3分の1を超える額を貸し付けることができません。

 

そのため既に他社からの借入がある方の場合、審査に落ちてしまうことがあるのです。
そこでそういった場合には、銀行のカードローンに申し込んでみることをおすすめします。

 

一般に、銀行のカードローンというと、消費者金融業者のキャッシングと比べて審査が厳しいというイメージがありますよね。確かにそれは間違いではないのですが、銀行は貸金業法の適用を受けないため、総量規制の対象外となります。

 

そうすると銀行カードローンの場合は年収の3分の1を超える額の貸し付けをすることも可能であるため、他社で借入がある場合でも審査に通ることがあるのです。

 

安定した収入を確保する

 

カードローンの審査では、申込者に安定した収入があるかどうかが重視されます。

 

そのため就職して間もない頃や転職したばかりの頃は、収入が安定していないとみなされて審査に落ちてしまうことがあるのです。

 

そこでカードローンに申し込む際はまず、ある程度の期間同じ勤務先で働いて、安定した収入を確保しておくようにしましょう。そうすることによって、審査に通りやすくなります。