在籍確認の電話ってどんな感じなの?

カードーンに申し込みをする際、必ず勤務先の情報についても申告をしなければなりません。
そして申し込みをすると必ず審査がされるのですが、その審査では、必ず在籍確認がされます。

 

では、在籍確認とは一体何なのでしょうか。
ここではまず、在籍確認とは何なのかということについてご説明させていただきます。

 

在籍確認とは

 

在籍確認とは、申し込みをした人がその勤務先に本当に勤めているのかどうかを確認するためのものです。最近はインターネットで借入の申し込みをすることができるようになっていますが、その際、勤務先の情報というのは基本的に自己申告となります。

 

そのため嘘をつこうと思えばつけるため、業者としてはその申告内容が本当かどうかを確認する必要があります。そこで在籍確認をして、その勤務先に申込者が本当に勤めているかどうかを確かめる必要があるのです。

 

在籍確認の電話はどんな感じでかかってくるのか

 

では、在籍確認は具体的に、どのような感じで行われるのでしょうか。

 

在籍確認は、勤務先に電話をかける方法によって行われます。
ただ勤務先に電話をかけるというと、「職場の同僚にカードローンを利用しようとしていることがばれたらどうしよう」と不安に思われる方も多いかと思います。

 

しかし安心してください。カードローンの審査の過程で行われる在籍確認の電話は、担当者の個人名を名乗ってかかってきます。

 

例えば担当者が鈴木さんという場合、「鈴木と申しますが、○○様いらっしゃいますか」といった具合にかかってくるのです。そしてその呼び出しの電話に申込者が出た段階で、在籍確認が取れる、ということになります。

 

つまり在籍確認の電話で担当者が貸金業者名や銀行名を名乗るということはありませんので、在籍確認の電話によって、職場の上司や同僚に自分が借入をしようとしているということは知られることはまずありません。

 

ただ皆様の中には、普段職場に電話がかかってくることがないため、電話がかかってくること自体を不審がられてしまうという方もいらっしゃるかと思います。

 

そういった場合には、在籍確認の電話をしていない銀行のカードローンに申し込んだり、社名が入った給与明細書を提出するなど電話以外の方法による在籍確認をしている業者に借入の申し込みをしたりすることをおすすめします。

 

在籍確認の電話は意外とあっさり終わってしまいますので、あまり気にしすぎることなく、さくっと終わらせてしまいましょう。

他の記事もチェックする

在籍確認で審査に落ちる場合とは?