在籍確認で審査に落ちる場合とは?

カードローンに申し込みをすると、その審査において必ず在籍確認が行われます。

 

そしてこの在籍確認では、申込時に申告された勤務先に申込者が本当に勤めているのかどうかが確認されます。

 

在籍確認の電話というのは基本的に審査の最終段階において行われるため、在籍確認の電話がかかってきたということは、かなりの確率で審査に通ることができるということにもなります。

 

しかし中には、在籍確認が原因で、審査に落ちてしまうケースがあるのです。

 

では、在籍確認で審査に落ちるのはどういった場合なのでしょうか。
ここでは、在籍確認で審査に落ちるケースについてご紹介させていただきます。

 

嘘がばれた場合

 

在籍確認で審査に落ちるケースとしてはまず、嘘がバレてしまった場合が挙げられます。

 

カードローンの審査では個人の属性に関する項目それぞれがスコアリングされ、その合計点が算出されるのですが、その項目には勤務先に関する情報も含まれています。そしてその勤務先が官公庁であったり大手企業であったりすると、当然ながらその評価は高くなってきます。

 

そのためカードローンに申し込む方の中には、少しでも審査に通りやすくするために、本当はそこに勤めていないにもかかわらず嘘の勤務先情報を申告される方がいらっしゃいます。

 

しかしそのような嘘は在籍確認の電話をするとバレてしまいますし、その嘘がバレてしまった段階で、当然のことながら審査には落ちてしまいます。

 

審査に通りたいがために大手企業や官公庁に勤めているふりをしたいという気持ちはわからなくもないですが、そのようなことは絶対にやめましょう。

 

既に退社してしまっている場合

 

在籍確認によって審査に落ちるケースとしてはまた、既にその会社を退社してしまっている場合も挙げられます。カードローンに申し込みをする方の中には、以前の勤務先情報を申告する方がいらっしゃいます。

 

ほんの少し前までその会社に勤務をしていた場合、その会社の名前が入った給与明細書を提出することができるため、「ばれることはないだろう」と思ってそういったことをする方がいるようです。

 

しかしそういった嘘は、在籍確認の電話によってすぐにばれてしまいます。

 

在籍確認の電話に応対したその会社の従業員は当然、「○○さんは既に退職されました」といった形で対応をするため、例え以前の給与明細を提出できたとしても、現在は既にその会社を辞めているということがバレてしまうからです。

 

確実に審査に通るためには、必ず本当の情報を申告するようにしましょう。
そうすることこそが、審査に通りやすくなるための最低条件なのです。

他の記事もチェックする

在籍確認の電話ってどんな感じなの?